08/30 鳥類の人気の無さに愕然とする広島飲み会。
08/25 尾道・千光寺
08/23 夏の里帰り&夏コンピ
08/21 オンサンキャンプ
08/11 この前のライブセット。(告知忘れ)
08/08 芸能山城組 ケチャ祭り
08/03 玉ねぎと鶏もも肉の日々
07/29 これからはインプットを怠ると失うばかり
07/26 夏の予定
07/22 雲取山登山 2日目
07/20 雲取山登山 初日
07/12 on sunday recordings showcase vol.1 無事終了しました
07/07 ライブで着るTシャツを作る

2011.08.30

鳥類の人気の無さに愕然とする広島飲み会。



8月も終わりそうですが、夏休みシリーズ。 多分今日が最後。
広島の友達と飲み(というかご飯)に行ってきました。

0819

場所は新天地と堀川町の狭間らへん。
店探してたら偶然、昔よく連れて来て貰ってた「ライオン」って洋食屋を見つける。  こんな所にあったんだ。 うろ覚えだけど、ここのカニクリームコロッケは美味しかった気がする。

0819

適当な店に入ってレッツご飯。
はるぴんは翌日健康診断。 あっこちゃんは翌朝7時に石垣島へ。 高野君バイク。 僕車。  という訳でノンアルコールな感じの会に。  半年~1年に1回2回会う程度の間柄ですが、僕はこの会が結構好きだったりします。
しかしこの日は僕全くみんなの写真撮ってなかったんですが、 逆にみんなが僕のカメラで何枚か撮ってくれてたので、今これを書きながら助かっております。笑
とりあえず↑の写真は撮ってもらってた内の一枚、肉?を貪り食う高野君。  彼は丁度買出しに町にいるときに連絡くれて、来てくれました。 感謝。
なんか彼最近レイハラカミに似てきた気がする。
ちなみに僕はこの場でもハシビロコウ(及び鳥類)のかわいさを力説してたんですが全敗しました。  懲りずに食い下がってたら、「ほ乳類  かわいい。」と鳥類全否定。  鳥類ってなんか人気ないよね…

ハシビロコウ

こんなかわいいのに…

スフィンクスぐらいには勝てない…?

0819

高野君は制作に戻る為離脱、新たにいけちんが参加しご飯の後はEDGEに移動。
この日は「ROCKS」という、その名の通りロックばかりがかかる日でした。  これはこれで楽しい。 ロックばっかかかるとなんだか人んちに遊びに来た気分に。

0819

近所のみんなを送って、歩いて駐車場まで戻りながら何枚か撮影。
殆ど人のいない街中。 テンション上がる…笑

0819

夜間はライトアップされている原爆ドーム。
今はグーグルストリートビューで内部まで見れちゃいますね。 俺も中入ってみたい。

0819

翌朝。
風呂から上がると布団の上に満男(みーちゃん・推定8歳)と母がいる。

0819

0819

0819

鳥類が余りにも人気無いので猫を多めにしてみる。
しかしみーちゃん。 母がいるとこの目ですよ…

2011.08.25

尾道・千光寺



今日も夏休みシリーズ。
友人と尾道・千光寺に行ってきました。

尾道

天気はあんまり良くなかったけど、道路はあんまり混んでなくて、午前中に尾道市街地へ到着。  千光寺は山の上にあるので、車を駐車場に置いてロープウェイに乗る。

尾道

ロープウェイから見る尾道の町。
なんか程よく錆びてて良い感じ。

尾道

尾道の対岸、向島(むかいしま)にある造船所。  うーん良いですなぁ~。 錆びた工場とか廃墟とか超そそられる。
今回は行かなかったんですが、向島には「向島洋らんセンター」という、 大友良英&ジム・オルークやクラムボンがライブをした謎の植物園があります。  いつかライブを見に行きたいです。

尾道

千光寺付近はどこでもいい景色。
標高差は300m弱しかないのに。 奥に写っている橋がしまなみ街道。  アレを走っていけば自転車でも四国にいけます。

尾道

素晴らしい錆びっぷり。

尾道

尾道

お寺の隣に、修行用鎖場みたいなのがあったので登る。
高さは10m位の大した事ない鎖場だけども、登ってみると良い景色。  でも登ってる途中で7月に痛めた左膝がまたちょっと痛くなる。  この前のキャンプじゃ何しても大丈夫だったのに… ヤな感じです。
とりあえず頂上で写真撮ってたら高校生ぐらいのおぜうさんが登ってきたので撤退。  帰りコースは墓地の中を突っ切るという、夜には決して通りたくない素敵なコースでした。笑

尾道

尾道

帰りは山を歩いて下りるつもりだったんですが、膝痛いのでロープウェイ。
写真は降りてきたロープウェイ乗り場の隣にある神社と大木。  なんとなく脳内に「ネオお江戸シティ」という単語が浮かんだ。 そんな雰囲気。

尾道

そして尾道ラーメンで〆。
頼んだのは醤油とんこつベースの尾道ラーメン。 醤油とんこつが一番好き。

後は車でダラダラ2号線を走って広島へ。  流石に尾道→広島だと道中はあんま田舎感とかなくて面白くなかった。  やっぱ、「ローソン 次の交差点左折後直進5km」みたいな所がアガります。笑

2011.08.23

夏の里帰り&夏コンピ



前回に引き続き夏休みの思い出を書いていきます。 今回から広島編~

夏の里帰り

夏の里帰り

今回も例年通り羽田から飛行機で広島へ。
空港からは妹の車で母方の実家へ向かう。  道中妹に「おばあちゃん増えたよ。」と言われ、思わず脳内で細胞分裂みたいに増えるばあちゃんをイメージしてしまう。  詳しく聞くと何のことはなく、震災でばあちゃんの妹が東北から非難してきてるという事でした。  何はともあれ無事で良かったです。 あとばあちゃんが分裂しなくて良かったです。

夏の里帰り

個人的に田舎の代名詞。 軒先に吊ってある玉ねぎ。
俺も早く玉ねぎを吊れる様な生活がしたい…

夏の里帰り

庭に植わってるトマト。 毎朝もぎたてを頂く。 美味い。

夏の里帰り

叔母さんとこのゴールデン・モモ。
今年で11歳ぐらい。 大型犬だからかなりのおばあちゃん。
昔は散歩するのも大変だったのに、今はすっかり大人しくなってしまって少し寂しい。  大型犬も小型犬ぐらい長生きすれば良いのにな。

夏の里帰り

そしてこちらは父方の実家。
写真はもはや家具と同じ黒さにまで焼けていた弟。
椅子に座っているのに、ばあちゃんが見失ってて笑った。

夏の里帰り

近くのホームセンターでキノコのガチャガチャを見つけて思わずやる。
この前のキャンプで見たタマゴタケ(真ん中)をゲットしご満悦。  一番左のベニテングタケは毒キノコですが、毒成分は旨み成分(味の素の16倍:wikipediaより)でもあるって言うのが面白いです。  長野とかでは食べるみたい。 あと幻覚作用があるそうで、それ目当てに食べる人もいるそうです。
命知らずな方、レッツ☆チャレンジ!

夏の里帰り

実家めぐりを終えて母の家に帰ってきたらみーちゃんのこの顔。
なんてしょっぱい顔で見やがる…

夏の里帰り

友達んちに行く途中にあった電信柱からのお願い。
誰だお前…

--------------------------------------------

ネットレーベルからの夏コンピに、一曲参加させていただきました。

夏コンピ

[OS-R 011] NATSU COMPI (on sunday recordings)

参加者が各々に夏をイメージして作った楽曲群。  個人的には曲の並びがなんとなく夏の始まり~終わりになっているような気がします。
僕は今回はボーカルに友達のOtsuki Yukinaを迎えての歌モノで、 人間って飛びっぱなしはキツイけど、着地してからまた飛ぶのは出来るよねっていう気持ちの曲です。
コンピとはいえフリーダウンロードですんで、気軽に聴いてみて下さいね。

2011.08.21

オンサンキャンプ



ご無沙汰しております。
皆さん無事に夏を乗り越えられたでしょうか? 僕はキャンプ&里帰りをしてきました。  会いたかった人の半分くらいには会えましたが、夏休み後半は体力空っぽになって家で寝てました。  体力を蓄えてまた冬にリベンジです・・・
とりあえず、これから暫く夏休みの思い出を書いてこうと思います。

オンサンキャンプ

8月13~14と、ネットレーベルのみんな(+α)でキャンプに行ってきました。
丁度お盆の帰省ラッシュの時期で一般のレンタカーが全然なくて、しょうがなく商用車の1BOXのバンで。  超古いナビ+補助椅子のようなシート+エアコン前席のみという、漢スタイルでしたが、 レンタル料は2日で27000円だし、荷物は滅茶苦茶載るし、野郎共の旅には丁度良かったかもしれません。
今回のキャンプ地はグリーンビュー丸山 オートキャンプ場で、 ひとのブログで見て、良さげだなーと思ってたんですが、実際行ってもいいところでした。

オンサンキャンプ

ダラダラしながらキャンプ場に行ったんで、着いた頃には日が傾いてる。
急いでテント張ったりバーベキューの準備したり。

オンサンキャンプ

乾杯する頃にはとっぷり日が暮れてる。
これからやっとバーバキューだ! と炭に火が付いた頃。 遠くから花火の音が。

オンサンキャンプ

オンサンキャンプ

崖っぷちにあるテーブルへ、ビールとちぎったキャベツを持って全員で花火を見に行く。
どうやらこの日は奥多摩の花火大会の日だったらしい。  塩コショウしたキャベツ(うまい)と花火をツマミにビールが旨い。

オンサンキャンプ

花火が終わり、再びバーベキューの準備。
写真は高速で働くソーマさん。
この辺から三脚にカメラセットしてセルフタイマー設定で放置。 たまに誰かがシャッターを押してくれてた。

オンサンキャンプ

夜9時。笑
バーベキュー開始。
ニク ウマイ
鉄板でやるバーベキューもなかなか良いっすね。。

オンサンキャンプ

食った後は自分の音楽のルーツに始まり、聞くだけでIQが30は下がるような駄目な話なんかをしたり、カリンバ+iPhoneでセッションしたり。  深夜にキャンプ場に響くカリンバ。 なんか召喚できねーかなーこれでーとか思いながら弾きました。笑
石塚さん(レーベルオーナー)がその日の模様を4時間以上録音してたけど、使い道あるのだろうか・・・

オンサンキャンプ

翌朝。
ソーマさんとあべちゃんが酒にやられて死んでたので、 元気な4人で焼きそば。 油がなくてバターで作った焼きそばも結構美味かったです。

オンサンキャンプ

その辺に生えてたタマゴダケ。
見た目が凄まじいですがこれ美味しいらしいです。 何本か生えてたんですが、全部に同じクモがくっ付いてました。  食ってんのかな・・・ あれ・・・

オンサンキャンプ

11時位に撤収して、近くの温泉へ。 メシ食ったり甲子園見たりしながら休憩室で3時間近くゴロゴロして、東京へ戻る。
この日はUターンラッシュ序盤だったみたいで、渋滞の中浜松町まで戻ってきたのが20時過ぎでした。  途中でみんなは降ろしたんで、最後まで乗ってたあべちゃんと世界貿易センタービルの地下でメシ食って自分も帰宅。  移動多目だったけど、山ん中涼しいし景色いいしでいいキャンプでした。 また行きましょう!

2011.08.11

この前のライブセット。(告知忘れ)



ツイッターなんかでちょっと前につぶやいてましたが、 7月のイベントのライブセットの前半部分を録音しました。  録音時点で細部を忘れちゃってたので、多少違うかもしれませんが、大体こんな感じでしたという事で…

20110710 liveset by work{holiday:timewaste;}

よろしければ聴いてみて下さい。
前回のライブの曲は、ストーリー仕立ての映像の後ろに流れるようなイメージで作りました。  誰かの何かの背景にでもなっていければ嬉しいです。

ルーク

次回の、ルークに呼んで貰ってる9月11日のライブでは、 ちょっと激しい変な感じにしたいんですが、ライブセット作りは進んでおりません。  夜8時にセット作り始めて、途中あまりに進まないから息抜きに、blue swedeの、ウガチャカ ウガチャカ ウガウガ ウガチャカをサンプリングして遊んでたら、深夜2時になってた。
急いで布団に入るも、俺の脳内に鳴り響く「ウガチャカ♪ ウガチャカ♪ ウガ♪ウガ♪ ウガチャカ♪」。  俺の睡眠時間がピンチ。



2011.08.08

芸能山城組 ケチャ祭り



新宿三井ビル前で毎年行われている、芸能山城組のイベント・ケチャ祭りに行ってきました。  前から存在は聞いていたけど、なかなか行けなかったので、今回楽しみにしてました。
昼間は民族楽器の体験や日本の踊り等の演目が行われ、夕方からメインの演目である、 グルジアの男性合唱・ブルガリアの女声合唱・ガムランの演奏、そして最後にケチャ。

ケチャ祭り

ケチャ祭り

演目の間に行われていた「ガマの油売り」のカエル。
コミカルで良い動き。
面白かった。

ケチャ祭り

そしてガムラン。
このはっぴを着てたのは芸能山城組の若い衆らしい。
途中からガムランをバックに踊り子が踊る。

ケチャ祭り

ケチャ祭り

ケチャ祭り

演奏と踊りが相まってとても良い気分に。

ケチャ祭り

休憩を挟んで今度は芸能山城組ベテラン勢のガムラン。
演奏力が先程より上がる。 気分も高揚。 脳内で歌が生成されるー。笑

ケチャ祭り

ケチャ祭り

そしてケチャ。
ケチャと共に語りと演劇が入る。
素人っぽい人も中にいたけど、これもアツい。

ケチャ祭り

全ての演目が終わって、「輪廻交響楽」のCDを買って帰宅。
個人的にはガムランがやはり良かった。 また来年も行きたい。  なんだかあの日は新宿に行った気がしないな。笑

2011.08.03

玉ねぎと鶏もも肉の日々



ここのとこ家に帰ると曲作り&ミックスばかり。  最初は22時ぐらいに終わらせて飲みに行くかーって気分ではじめるのに、 結局24時過ぎまでやっちゃって、ぐったりと風呂入って寝る感じ。
でも最近、週7&1日20時間労働を1年やってた人と知り合いになったので、 「あ、俺もまだまだ攻めていける。」とか間違った気持ちになりました。
ブラックダメ、ゼッタイ。

鶏ももと玉ねぎの親子丼

納豆うどん

鶏ももと玉ねぎのマヨポン酢丼

納豆うどん

鶏ももと玉ねぎの塩ダレ丼

納豆うどん

炊事に使う時間も削って、レシピが固定化されて今はこんな感じ。
材料がほぼ同じなので、スーパー行っても一切迷わずに「豆腐・卵・ねぎ・玉ねぎ・鶏もも・納豆・うどん」を買う生活。  人としてなんか駄目な感じです。
サラダが日保ちすればいいのに…

丼

丼

そんな日常でしたが、昨日はドラマーの昴が遊びに来たので、外でサラダを食べました。

丼

サラダうめぇ。
やっぱ野菜だろ野菜。 世界にサラダ丼を提案してぇ。
サラダバー。
そう、サラダバー行きてぇ。
ハンバーグ&サラダバーみたいな静かな店に行きてぇ。

酒とバラの日々


2011.07.29

これからはインプットを怠ると失うばかり



先日、家に帰ってtwitterを立ち上げたら、レイハラカミの訃報が飛び交っている。  あの人は80歳や90歳になってもずっと気持ち良い音を出してるんだろうなって 勝手に思っていたので、ショック。

僕は、10年位前に「Opa*q」を友達に借りて聴いたのが最初ですが、その時はそこまで好きじゃなく、 「Red Curb」「Lust」位から好きになりました。  そして最近福島からのDOMMUNEで見た、U-zhaan(タブラ奏者)とのセッションは感動してしまい、 あれはエレクトロニカの未来の1つだと、今でも思っています。

使っている機材がSC-88Pro(MIDI音源)だって知った時も驚いて、 当時は盲目的に「電子音楽のプロ=最高級機材だらけの製作環境」だと思っていたので、 まさかソフマップでラップにくるまれて中古が14800円で売られてるアレからこんな音が出てるなんて考えもしませんでした。
でもそのエピソード以来、「高い機材=良」な考えが消えて、 自分の好きな音が出てればなんだって良いし、曲の出来が気に入らなくてもそれは絶対に機材のせいではない。  と考えるようになって、それまでより素直に音楽を作れるようなったと思っています。
ここ数年で、大きなイベントにもガンガン出だして、これからって時だったので残念です。
幾らなんでも早すぎる…

レイハラカミ@metamorphose'09

今年のメタモで、09の時みたいにまた、朝日の眩しさに文句言って欲しかったな…
ご冥福をお祈りいたします。

2011.07.26

夏の予定



まいどです。
雲取山で痛めた足も大分良くなってきました。  ウチの4Fまでの階段もサクサク登れるようになりましたが、 一段飛ばしなんかは怖くてやれません。笑  暫くテント泊するような登山はないので、今のうちに修理しときます。
一応、8月の終わりの週末か9月頭ぐらいにまた一泊程度の登山が出来たらいいなと思ってますー。

夏休みは今年も広島に帰ります。
8/17~21辺りで予定が合えば、飲んだり食べたりしましょう。  日頃mixiやらtwitterでしか連絡取れない人とも会っておきたいです。

カイモクジショウ

カイモクジショウ

カイモクジショウ

カイモクジショウ

カイモクジショウ

写真は7月24日のカイモクジショウのライブ@池袋手刀。
この日は同居人のライブもあったんですが、大分前からフォトスタッフ頼まれてたこちらに行きました。 10-17mm魚眼・35-70mm標準・50mm単で撮ってたんですが、やっぱ明るいレンズでないと期待した感じにならない。  魚眼+ISO1600とか俺のカメラだとザラザラになっちゃって駄目っす。  上位機種なら、ISO1600~3200位で常用できるんだろうか?  とりあえず28mmでF2位の単焦点レンズ欲しいなー。
このバンドの出す音は、僕が中高生の頃好きだったKORNやDEFTONESなんかの系統で、 楽曲が素直で好きです。

最近、お前のサイトスマホで見たら重いんじゃワレ! って言われます。
そもそも昔、携帯から見えなくてもいいから自分の好きなサイトを作ろうって始めたんで、 むしろなんで携帯から見えてんだよ!ってツッコミたいんですが、携帯も進化しましたね…  スマホで見たこのサイトってちゃんと表示されてるんだろうか?
とりあえず、5・6月分日記をログに移したので、少しは軽くなったハズ。  しかしこのサイトはブログではなく、無駄に自作なので、 ログは2ヶ月に1回、手動(笑)で移してるんです。。。 めんどくさいんです。。。

2011.07.22

雲取山登山 2日目



前回の続き。

寒さに耐えながら(僕だけ)なんとか朝を迎える。
お湯を沸かして紅茶を淹れて、ザックの中からロールパンを出して朝食。  パンは完全に潰れてナンみたいになってたけど、紅茶が暖かくてうまい。

雲取山登山

雲取山登山

体が温まった所でテントをたたんで出発。
足に疲れも溜まってないし、いい感じ。
再び雲取山の山頂に登ると、絶景が広がっていた。  昨日は見えなかった富士山や遠方の山まではっきりと見え、雲の位置も低い。  空気の透明度が全然違う。
朝の山頂がこんなに気持ち良いと、山頂に昼過ぎに着くような日帰り登山(夏)は微妙だとすら思ってしまう。  2,000mの山でこんなに感動できると思ってなかった。  今年で一番感動したかもしれない。

雲取山登山

雲取山登山

山頂から少し下った所にある、非難小屋からの写真。
尾根筋がきれいに見える。 完全に気分は雲の上を歩いてる。  山荘を出てからの午前中は、ずっとこんな感じで気持ちが良い。

雲取山登山

雲取山登山

雲取山登山

雲取山登山

ご満悦ゾーン。
涼しいし景色いいしで快適。

雲取山登山

昨日登れなかった七ツ石山山頂から。
三脚出すのめんどくさくて石の上に置いて撮ったら見事に撮れてない。 まあいいか!

雲取山登山

同じく七ツ石山山頂より、右奥の山頂っぽいところが雲取山非難小屋。  2時間でこの位進みます。

雲取山登山

雲取山登山

雲取山登山

そして鷹ノ巣山へ向かう。
写真は森の中を通り、鷹ノ巣山への道中にある高丸山へ登ったところ。  ごはん食べてる間は、自分達の周りに蚊取り線香を置いて結界を作っていたのですが、 全然効きません。 最後の方はアブが手に止まった状態で荷物片付けてました。笑  何もしなければ、基本的に威嚇しかしてきません。

雲取山登山

そして僕は2度目となる鷹ノ巣山非難小屋に到着。
水が残り少なくなってきたので、少し下ったところにある水場で補給。  水場の水はどこもすげー冷たい。

雲取山登山

雲取山登山

やっとこさ鷹ノ巣山登頂。
前回来た時も今回も、鷹ノ巣山頂は人がたくさんいます。  昼過ぎに登頂したので空が白っぽくなってましたが、鷹ノ巣山からの景色も良いです。  いつかこの辺にテント張って、夜や早朝の景色を見てみたいです。

ここから下山だったのですが、2時間強で下山できる(多分最速下山コース) 稲村岩尾根からの下山中、僕の左ひざ軟骨の古傷が再発。 曲げると激痛が。  足を極力曲げないように右足で庇いながら下山。  落ちたらアウトっぽい急坂だらけ(&足が痛くて落ちたら多分登れない)なので、 一切写真も撮らずに本気で下る。 涼しい下りなのに汗ダッラダラ。

結局3時間以上かかってなんとか下山し、東日原のバス停へ。
この前の地震で日原の奥?にある駐車場が川に落ちたらしく、 駐車場が殆どない状態に観光客の車が連休で押しかけ、道路が麻痺してましたが、 1時間以上遅れてきたバスでなんとか奥多摩へ戻り、一杯飲んでから電車で河辺まで行って、 温泉入って帰宅。

雲取山登山

奥多摩駅からはあべちゃんがザックを持ってくれてかなり助かりました。
やっぱリスク回避的にもストックは最低1本持っとくべきですね。  山に登るとすぐ自分の甘えが分かります。 山は誰に対しても平等っすね。  いいところです。

写真を撮っていない稲村岩尾根は、巨大な稲村岩や沢沿いにクライマーが登るような巨大な岩壁があって、 見所満載だったので、リベンジしたいです。

雲取山登山

またくっぞー

2日目ルート
05:30 起床
07:00 雲取山荘出発
07:30 雲取山頂
09:30 七ツ石山登頂
11:00 高丸山登頂
12:20 鷹ノ巣山登頂
15:30 「東日原」バス停着

2011.07.20

雲取山登山 初日



7月半ばの3連休、その前半16・17日を使って、 前回の奥多摩・鷹ノ巣山登山に行けなかったあべちゃんと奥多摩・雲取山登山に行きました。

雲取山登山

07:44新宿発のホリデー快速おくたま号で奥多摩へ行き、そこからバスに乗り換え午前10時、鴨沢駅へ。  天気が凄くいい。 …けど暑い。  バス停で朝ごはん食ったりストレッチして、ゆっくり登りだす。

雲取山登山

雲取山登山

暫く舗装された道を歩くと、登山道入口を発見。 木陰の中は割と涼しい。

雲取山登山

途中の岩場で昼食。
本日はどん兵衛天ぷらそば。
この写真撮ってたらスープに虫が突っ込んでって即死した。  悲しみに包まれながらそっと取り出して何事もなかったかのように完食。  だって塩分大事なんですもん…

昼食から1時間ほど登って七ツ石小屋に到着。
甘い飲み物が欲しくて、湧き水で飲み物を冷やしてるタライの中を覗くと、VAAM(カロリーオフ)とペプシNEX(カロリーオフ)とビールしかない。  まだビールを飲むには早いから、しょうがなくVAAM買ったけど、山では蜂蜜のごとき濃厚なカロリー溢れる飲み物が飲みたい…。

雲取山登山

雲取山登山

小屋で休んでまた登る。  尾根沿いに出ると、西~南に視界が開けます。
本当は七ツ石山に登ってから雲取山に行きたかったんですが、 気が付くと雲取山方向に進んでたので、七ツ石山は翌日に登る事にしてそのまま進む。

雲取山登山

雲取山登山

16:00頃の稜線。 いい天気。
午後になって遠くの空は白んでるけど、 濃霧で50m先も怪しかった前回とはえらい違いだ。 全く違う山のよう。

雲取山登山

なんか道中にあったスマイリーなハート。
良い出来。
作ったのがカップルだとして、この高所(1700m付近)でこれだけ余裕のあるカップルはきっと良く訓練されたカップルに違いない。  僕らが途中で追い抜いたカップルなんて、女の子顔真っ白で目が死んでたし。

雲取山登山

雲取山登山

そして17:30に登頂。
もう夕方。 そらトンボも腕に止まるわ…  というか全身虫除けスプレーしてるのにトンボ止まるってどういう事?

雲取山登山

雲取山登山

登頂した後は日が沈まぬうちに本日のキャンプ地、雲取山荘へ行く。
この山荘が凄い。 超でかい。 電気点いてる。 自動販売機でビール売ってる。 トイレ水洗。 洗い場がある。  下手なキャンプ場より居心地がいい場所でした。  僕らはテント泊だったので、1人300円払ってテント張りましたが、 大勢で来て素泊まりでもいいかもしれない。

雲取山登山

雲取山登山

雲取山登山

そして今回の登山の目的の一つだった、星空撮影。
リモコンを忘れたので、カメラを揺らさないよう1分間シャッターを指で押し続ける根性撮影。  生憎この日は満月で、期待したほど写りませんでしたが、綺麗でした。

そしてあべちゃんのテント、MSRのハバハバで就寝。
このテント広くていいです。 内側も総メッシュで涼しいし。
でも俺は山を舐めて(何度も舐めて痛い目を見ているのに)寝袋の下に敷くマットを準備してなかったから、 山肌のゴツゴツした石が痛くて寝れない… しょうがないので寝袋(これも山を舐めてたので超薄い奴)を二つ折りにして、 マット代わりに体の下に敷く。 すると痛くはないが今度は寒い。 全ての衣類と防水のジャケット・パンツも着込む。  しかし山を舐めて(最低気温15度なんて余裕だと思っていた)くるぶしソックスをはいていた俺。  隙間風で足が寒い! 後は朝まで寝る→寒くて起きるを繰り返す…

※この間装備完璧だったあべちゃんは暑そうに寝袋半脱ぎでした。

僕はこの登山から帰ってきてすぐマット買いました。  皆さんも気をつけてくださいね! 15度って意外と寒いですよ…

初日ルート
07:44 「新宿」発
09:15 「奥多摩」着
09:30 西東京バスで「鴨沢」へ
10:05 「鴨沢」着
10:30 登山開始
15:00 七ツ石小屋着
17:30 雲取山登頂
18:00 雲取山荘着

続きます…

2011.07.12

on sunday recordings showcase vol.1 無事終了しました



on sunday recordings showcase vol.1

ここ2ヶ月ずっと準備していた、オンサンの初イベント。  無事開催&終了しました。
当日僕は写真も撮ってたんですが、かなり暗い環境だったので、 僕のカメラだと結構限界でした…  …カメラの沼が…俺を呼んでいる…
まあそれはさて置いて、写真を交えてイベントの感想を。

nf
on sunday recordings showcase vol.1

当日DJをやってくださった望さん。  ブースが暗くてロクな写真が撮れなくて残念でした。  次回は望さんのアンビエントなライブを見てみたいです…

イシズカケイ
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

オンサンのオーナー・イシズカさん。
イシズカさんの曲は気負わない自然さが出てて、気持ちいい。  テノリオンとか、普通のタンブラーみたいなの叩いて(あれ何?笑)シーケンス走らせたりとか、 視覚的にも面白かったです。

noine
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

当日はMAX/MSP(音楽とか映像用のプログラミング言語)で作ったライブセットで、 展開の殆どをその場で生成していた(ハズ)noineさん。
ある種誰よりもライブでしたが、進行がちょっと上手くいかなかったらしく、 ライブ後にリベンジファイルをアップされています。 変態で素敵でした。
僕はリハでも手伝ってもらって、凄く助かりました。

Masashi Ximoto
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

激しいのやってくれると思っていた岸本さん。
期待通りのバッキバキ&VJなし(ほぼ真っ暗)という漢スタイルでしたが、真っ暗すぎて写真撮れませんでした・・・  僕がいつか一緒に叙情的バッキバキソングを作ってみたい方です。笑

Soma Hayato
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

ソーマさん。
ほぼ KORG ELECTRIBE のみでライブというこれまた漢スタイル。 味付けにKAOSS PAD miniとiPhone(サンプラー扱い)。  トラックのバランスが良くて凄くいい感じ。 本人の動きと出音がマッチしてて見てて楽しい。  シンプルな機材でここまで出来る。 音楽は道具じゃないなぁと再確認。
ちなみにソーマさんもサウンドクラウドにライブセットをアップされてます。

junyamabe
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

disciplinedtracksシリーズ完結記念のライブだったヤマベさん。
低BPM(本人曰くデロンデロン)のかっこ良さと、光量の多いハッピーな展開が楽しい。  ちなみに僕は 完結作のdisciplinedtracksVol.3 の1・3曲目(特に3)が好きです。

Nyolfen
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

ゲストのNyolfenさん。
ノンビートな入りで、おっ?と思っていたらガンガン絞りこんでくる。  あの収束感が脳に良いです。 アレは発表曲なんだろうか。 CDを買おう。
あとライブ前のソーマさんとNyolfenさんのキック談義がコアで面白かった。
ああいうの聞くと啓発されてしまう。 俺も320Hz絞ろう。笑

Taishin Inoue
on sunday recordings showcase vol.1

on sunday recordings showcase vol.1

ゲストのTaishin Inoueさん。
迫ってくるイメージのあるハードなセット。
機材トラブルで一度は演奏続行不可能になりつつも、Nyolfenさんのmacを借りて何もない状態からリカバリ。  問題を力でねじ伏せてました。 すごいフィジカル。 ステージ外では気さくですごく良い人で、 お話できて良かったです。

んで僕。
ハウリング対策でモニター環境を大きく変えて臨んだライブだったので、正直不安がありましたが、 ライブ後にはポジティブな感想をたくさん頂けて嬉しかったです。
今回はノーシーケンスでライブをやりましたが、やはり難しいですね。  でも演奏能力が高ければ苦もなく出来る事なので、フィジカルを上げていきたいです。
演奏面はさておいて、楽しくやれたんで良かったっす。

セットリスト

1. entrance (白紫色ver)
2. white kill all (追えば逃げるver)
3. footbridge dog people (アコギ1本ver)

当日は早い時間から協力してくれた桜台poolのスタッフの皆さん、出演者の方々、 そして遊びに来てくれたお客さん。 本当にありがとうございました!
今回のイベントでレーベル立ち上げ時からの計画は一段落(ですよね?笑)ですが、 より面白い事を継続してやっていけるよう頑張りたいと思いますので、 これからも宜しくお願いします!

on sunday recordings showcase vol.1

お疲れ様でした!

2011.07.07

ライブで着るTシャツを作る



先日久しぶりにシルク印刷でTシャツを作ったせいか、 久しぶりにTシャツ作成熱が出る。  どうせ作るなら今度のイベントに関係あるものを作ろうと、所属レーベルのTシャツ(非公式)を作る事に。

Tシャツ作り

「Tシャツ君」というシルクスクリーン印刷用ツールを使ってスクリーンを作成。  スクリーンに白黒で印刷した原稿を貼りつけて原稿の裏からUVライトを当てると、スクリーンの光の当たる所は硬化し、 光の当たらないところ(原稿の黒いところ)は水で溶けて、原稿の絵と同じ形の穴が開きます。  光が当たると硬化しちゃうので、水で穴あけるまでは殆ど暗闇での作業。
写真は水で穴を開けた後、硬化を完璧にするためもっかいUVライトに当てているところ。

Tシャツ作り

スクリーンが出来たら枠にはめて、Tシャツの上で位置決め。
複数枚に印刷する場合は、全てのTシャツに枠の形のテープを予め貼っとくと、位置合わせが楽です。

Tシャツ作り

スクリーンの端にインクを載せて、スキージっていうヘラみたいな奴でインクを伸ばします。  緊張の一瞬。 1回でキレイにインクを伸ばせずに、2回3回と往復したりすると、 絵が滲んだりムラになったりして泣けます。。。

Tシャツ作り

インクを伸ばした後にスクリーンをそっと持ち上げる。  これも緊張の一瞬。
今回はいい感じに出来ました。
ツイッターでメンバーの面々に(ハラハラしながら)見せたら結構好評だったので、 その内量産できるといいっすなぁ。 とりあえず、今度のオンサン初イベントに着ていきます。  もう既にイベント3日前ですが、7月10日、お時間ある方は宜しくお願いします!

そしてこのサイトは、行きて行くのに役に立たない知識をこれからも皆さんに提供していきますので、 こちらも宜しくお願いします…