2010.10.27

ハロウィンの中心でアニソンを叫ぶらしい。俺が。



2010/10/30(sat)@西荻窪ターニング
言わずもがな、同居人のいんのんに誘われて、 企画アニソンバンド「THE ビ家」にキーボードで参加することになりました。
キーボードですよキーボード。 弾けませんよキーボード。 要練習っす。

アニソンを叫ぶよコノヤロー

フライヤー。(クリック拡大)
絶対イベントはこんなライトなノリじゃないんだろうけど、かわいいフライヤー。
出演者はコスプレ必須だそうなんで、最近はキーボードの練習と被り物制作で 結構忙しかったです。  「THE ビ家」ってバンド名で勘がいい人は気が付くでしょうが、 それ系のロボ的な被り物をペーパークラフトで作りました。
が、
一応イベントまでは秘密にしときます。(笑)
1個作ると、他にも色々作りたくなりまして、今はゾンビのマスクとか作りたいです。  イベントが終わったらなんか作ってみよう。  今思うとスリップノットの皆さん絶対楽しんでるよねあれ。



そんな(?)背景もあって、この前(10/16)渋谷エイジアで「渋さ知らズ」を見た時は、 キーボードばっか見てました。  なんか猫をあやすかの様な手つきでNORDを弾き倒してました。 エロい。
キーボードって憧れないけど、いると嬉しい感じがする。  例えるなら弁当に入ってるコロッケの横のポテトサラダとか、アブラまみれになってる下敷きにされたパスタとか。  俺は結構好きなんだけども。

というわけで、お暇な方は是非吉祥寺よりさらに奥地! 西荻窪で飲みましょう。

2010.10.14

プロジェクターで人は更に変態になれる。



プロジェクター

前から欲しかったんだけど、短距離焦点型(短い距離で大画面を映せる)プロジェクターが4万を切ってきたんで買う。  写真はタダで付いてきた50インチスクリーンでモグワイのライブDVDを視聴する様。  これは上がる・・・ これで後は外に音が漏れない部屋さえ手に入れられれば、当面の欲しい物は無くなりそう。  これスクリーンじゃなくても、でかい紙か何かあれば100インチ(1.5m x 2m)位はいけんかなー。

買ったのはこの表の一番左の奴。
映像の遅延も思ってたより無いし、というか遅延あるのこれ? 映画じゃわかんないから試しにゲーム(スーパースト4)繋いだけどやっぱ分かんなかった。  DLPタイプのプロジェクターは表示が早いんかね。

最後にYOUTUBEも見てみようと思って見たのがこれ。
cosmogramの時にハマが教えてくれた寺のCM。

本光寺 CM


マンジュウクッテ、アメナメタラ、タノシクナッチャッタ!
開けるわぁ。

2010.10.11

cosmogram'10



ハマに誘われて。
望さんとソニックさん(DJソニックデスモンキーさん)と4人で行ってまいりました。  電話で場所聞いて多摩川だと思ってたら玉川だったよ。 電話怖い。 日本語怖い。  レンタカーで行くとか大げさだなーハマ。 とか思ってたら道理で。 道理で。。

当日は生憎の雨。 しかも本降り。
地面が硬くて、しかもタープに付いてたペグがプラスチックでなかなか地面に打てない。  場所を変えながらなんとかタープを張り、テントを建てる。

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

準備終わって落ち着いた夕方の写真。
ここから暗くなるにつれてどんどん状況は悪くなり、雨は強まる寒くなるの一方。  タープの下に4人座って、ソニックさんが持って来てたコンロでラーメンホットワインお茶コーヒーを作って耐える。  あれがないと死んでたかもしれない。 見た目ホームレス。
でもイベント自体は音響さんが良いのかやたらいい音。 ステージ前方30mにある崖上にテント建てたんですが、音がクリアに聞こえてなんか良いラウンジみたいだった。  まあ見た目はホームレスだったんですが。
あまりの過酷さに「せっかく静かな山にキャンプに来てんのになんだよこの音、うっせーよ!」みたいな現実逃避ノリになって妙に楽しい。

cosmogram2010

んでそんなタープ下の光景を写真を撮ろうとしたらカメラのレンズ内が曇ってて撮れない。  テント内にいたときに撮ったこれも曇ってる。 まるでビバーク中の雪山登山家みたいだ。

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

そんな過酷な夜を越え翌朝は晴れた!
昨日からこうだったらなぁってまったりする。
気持ちいい時間。

cosmogram2010

cosmogram2010

cosmogram2010

濡れた物を干したり片付けたり。 片した後に屋台で昼飯食ってまたまったり。
帰りに温泉入って休んで帰宅。 露天風呂から上がる時に凄い立ちくらみがしてやばかった。笑  帰りは運転したけど、デミオ(レンタカー)は山道の運転楽しかったな。 高速乗ってから都内は楽しくなかった。  やっぱ東京にいる間は車いらんなあ。
俺は先に蒲田で降ろしてもらって、ついでにみんなで餃子を食いに行く。
カップラーメンばっか食ってたから、5割り増しで美味く感じたなぁ。 餃子はもちろん、あの、空心菜ってのが美味かった。  なんなのあのかっこいい名前の野菜。
みんなお疲れ様でした!

そういえば3連休の間(つまり今日まで 笑)キャノンのデジ一がセールで安い。
俺のkiss X3の値段見ると少し悲しくなる位安い。笑

連休だけの限定価格 一眼レフが特価(amazon)

まあでも安いと劣悪な環境にも気兼ねなく持って行けるからいいよね。(貧乏性)
そういや戦場カメラマンとかってカメラ奪われたりしないんだろうか。 それとも意外に安いカメラをたくさん用意したりすんのかな。 謎。

twitterの方でつぶやいたけど、カメラマンって本当に凄いなあ。 ってのがよく分かる動画があったのでぺたり。  フランス人のカメラマンが日本のカメラマンのチームを褒めている動画。



何の気なしに、当たり前だと思ってる事は、大体その裏ではそれなりの準備やチームワークが必要ってのが良く分かる。
これ見てて、最近よく考えてる事を思い出した。
常々、議論に極論を持ち込んで、1か0かで相手の価値観を封殺するタイプの人間は、こういう協力して何かを成すのに向かないんだろうな。  って思ってた。 僕なんかそれっぽくて、余裕がある時は気をつけようと思うのに、ついポロっと出たりする。  あんま他人と音楽したくないのも、そんな考えから。
でもDAYSで飲んだ時に川上さんが話してくれた、「(要約)でも好きな事を続けていく上で、他人と関わる可能性があるのなら、0でも1でも出来るんだけど、1の方がよりスムーズだよね。」 って話には、なんかこれから僕が参考にしなくちゃいけない気持ちが含まれてた気がした。  言ってる事は同じなのにね。 後はほとんど「しそサワーとまんねぇ~!」しか言ってなかったけど。
相手への配慮って大事だなあ。 (何も望まなければ)自分を押通すって簡単だから、俺はついそっちに行きたくなっちゃうけどね。

2010.09.30

リアル脱出ゲーム 続き



とりあえずイベント開始は遊園地が終わった後なので、それまで園内をぶらぶら。
バンジージャンプをやろうと近くまで行ったけど、紐を足に付けるタイプじゃなくて、おなかの前側に付けるタイプだった。

バンジー

こんな感じ。
これだと落ちてる最中に体が上向いちゃって、最後は空しか見えないやん。  それはそれで怖そうだけど、地面見ながら落ちたかったんで今回はスルー。 足に紐付ける奴でやってみたいんすよ・・・
そんな感じに園内園外をうろうろして、よみうりランドの営業が終了、いよいよです。

RDG

RDG

RDG

先ずは園内にある屋外シアターに集合だそうなんで、 写真を撮りながら向かう。 ライトアップが綺麗。
メリーゴーラウンドは流石の綺麗さだったんですが、 いかんせんこのよみうりランドのメリーゴーラウンド、子供達をドリーミーな世界へ連れて行くのは馬じゃなくてマスコットキャラクターの「ランドドッグ」なんですよ。 こいつがちょっときもい
もう背中のカラフルなラインがなんか ウミウシ みたいで・・・ 写真でも多少伝わると思います。 なんか違うよね?
そんなランドドッグがこの園内には100匹以上いる、もうジャビット狩らなきゃなんて言ってる場合じゃない(ジャビットは土産売り場にしかいませんでした)。  それでも子供がランドドッグの銅像の横で記念撮影してるのを見つけて、 ガチダッシュ(スプリンター走り)で走り寄って子供と記念撮影してたランドドッグはいい奴に見えた。

ランドドッグ

走ってくる時めっちゃ怖かったけど。
まだスライリー(カープのマスコット 他球団ファンによくキモいと言われる)のがかわいいよね? ね?

RDG

話がそれましたが屋外シアターに集まってルール説明を受け、いよいよ開始。  園内に散らばってるヒントを集めて謎を解き、特定の場所である行動をすると脱出成功です。

RDG

RDG

そしてスタートしてからの写真がほとんど残って無い。
開始直後は、「写真いっぱい撮れたらええねー。」 位のノリだったんすけども、 思いのほかゲームにのめりこみ、更にイベント後にネタばれになりそうな写真を消したら最初の方のがちょろっと残ってた感じに。
ちなみに僕らは必死になった割には脱出できませんでした。  後一歩のトコで深読みしすぎてハマってタイムオーバー。
園内マップのアルファベットに対応した乗り物の頭文字をつなぎ合わせ、「ホシヲミル」なんて電波ワードを作り上げた挙句、門のトコでチェックしてるお姉さんの前で 空を見上げて、「んー残念ー」とか言われんの。 恥ずかしい。 死にたい。
あの門のトコにSの人置いとけば絶対喜ぶだろ畜生・・・
まあでも楽しかったから良いって事で!

2010.09.28

リアル脱出ゲーム



さてさて2週間ほど前の9月18日、 リアル脱出ゲームというイベントに参加してきました。
主催は元々関西でこういったイベントを企画してたサークルみたいなトコらしいんですけど、年々活動の規模が大きくなって、今回こうして夜の遊園地を借り切って関東に進出。
過去のイベントとか調べたら、参加50人とかのもあり、そんな人来ないだろーとか思ってたら、全9公演10000枚のチケットが完売したみたい。 勢いすげえ。 そんな誤算もあって仕事の都合でぎりぎりまで予定がわかんなかった友達はチケットを買えず、早めに買っておいた僕ともう1人(※メンズ)の2人で行く事に。

KORG

KORG

KORG

当日。 京王よみうりランド駅前。
ここから園内へはゴンドラに乗ると早いんすけども、 ゴンドラ乗り場横にまさかのKORG(本社)。 1Fはショールームらしい、行くしか!
場所柄小さな子供が来るのを期待してか電子ピアノやシンセが多め。 DTM関係は隅の方に電源が切られた状態で設置されてました・・・ 電源の入っていないカオスパッドなんて・・・
後は隅に置かれたエレドラの後ろにひっそりとstantonのターンテーブルとコントローラーがありました。 もう触らす気ないんじゃーん・・・ KORG好きだけどここはちょっとしょぼいぜ!

よみうりランド

よみうりランド

よみうりランド

気を取り直してゴンドラに乗る。
結構いい景色。 途中でなんか怪しい寺院の真上を通り(罰当たりなぐらい真上すれすれを通る)、ジェットコースターのすぐ脇を通る強気なライン取り。 少し離れた所にはジャイアンツの綺麗な練習用グラウンドが見え、思わず「巨人金ありすぎだろう・・・」と一人ごちる(※カープファン)。

ゴンドラに乗るだけでアンチ巨人・阪神の心を再確認し(※)、よみうりランド内へ。 ここはもはや敵地。 ジャビットの1匹や2匹はいてもおかしくない。 狩らねば、ジャビット。
そんな思いは園内入ってすぐに目撃したシーンで吹っ飛ぶ。

よみうりランド

アンパンマン、かっこいい・・・ (あ、続きます。)

2010.09.16

今敏



今年はなんだか好きだった人がよく死んでる。
正確には好きな作品を作ってた人たちだけど。
nujabes
今敏
J・D・サリンジャー
ジェイムズ・P・ホーガン
ホーガンとサリンジャーは作家。 サリンジャーは「ライ麦畑でつかまえて」が特に有名ですね。
僕が読んだのは大人になってからで、知識やら経験が邪魔になって素直に読めない所もあったけど、とても良い本でした。  もっと若い頃に読んでおければと思ったけど、この本は薦められるよりは出会った時に読むのが一番いいのかなとも思う。
若い頃に読んだ人には特に破壊力があったんじゃないだろうか。

ホーガンはSF作家で、「星を継ぐもの」3部作(近年に4、5巻が出たぽい)なんかが代表作。  作品の根底にあるポジティブさが好きで、作中に出てくる科学者や学者の様な理系人に憧れました。  逆に敵役なんかは「こいつ良い奴すぎだろ!」って突っ込める位いい人だったりしますが・・・

nujabes
初めて聞いた時は外人だと思ってた人シリーズ。
日本で好きなミュージシャンがまた減った。  本気で天才だと思ってたのになぁ。
惜しい。

Nujabes-reflection eternal


そして今敏(こんさとし)。
中学生の頃に見たAKIRAに感動した流れで、色々劇場版アニメをレンタルしては見てた時期があったんですが、 その時に今敏が係わってた PERFECT BLUE やら 老人Z やらを見たのが出会い。
PERFECT BLUEをはじめ、今さんの描く偏執的なキャラクターや世界観は衝撃的で、プチトラウマみたいなのも出来たんですが(笑、 見終わるとそれ以上に「これはすごい」と思ったのを覚えています。
当時は監督とかクレジットには興味がなくて、今さんの名前も知らなかったんですが、 20越えてからは話のタネにそういうのも一応覚えておかないとなーって「いまとし」さんと読んで覚えました(笑 ・・・結局読み方間違えてたんで、 友達に「今敏(こんさとし)って知ってる?」て聞かれても誰やねんそれは状態だったんですが・・・
最近は一人今敏追悼会として「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」なんかを見て、やっぱり面白いなぁ、もったいないなぁって。  nujabesと今敏はこれからだったよなあ・・・

さようなら(KON'S TONE)

そういえばこの前神田イゾルデに行った時に川上さんが言ってた、90年代のマッドハウスの絵が好きだってのがとても良くわかった。  製作会社はこれまたそんな知らないんで(笑、帰って色々見たら僕もずっと好きだった絵でした。  劇場版アニメってこういうのを期待するんですよね僕は。



2010.09.07

メタモルフォーゼ2010



PLANET

今年も行ってまいりました。
会場は去年と同じ伊豆CSC(サイクルスポーツセンター)。  一緒に行こうかと思ってた浜崎君が華麗にタイのバンコクに旅行に行きなすったので、 今年は1人で電車に揺られ静岡は伊豆へ。
三島駅で乗り換えて、修善寺駅から会場へのバスに乗り、去年と同じコースで会場入り。  広島から来た車組・新幹線組・18切符組ともさっくり合流できて、華麗にぼっち回避。(重要) 10人超える。
まさかの18切符で来たたかの君とはるぴんは片道10時間で2300円だったそうです。 東京から(片道2.5時間で2400円)来るより安いとかどうよ(笑
イベントが始まるとみんな思い思いのステージへ。
僕は、

Tommy Guerrero
Calm
Omar Rodriguez Lopez Group(後半寝)
Manuel Gottsching(前半寝)
MOGWAI
X-102(後半寝)
The Album Leaf(前半寝)
65daysofstatic

こんな感じ。
Calm見た後はソーラーステージ正面後方で、MOGWAIと65daysofstaticに備えて寝てたんですが、 後半だけ見たManuel Gottschingとかも面白くて全部見たかったなぁ。  65daysofstatic前のAlbum Leafは見る気満々だったのに普通に寝過ごす。  寝ながらX-102見てたら、あーら不思議、次の瞬間Album Leafに!(笑
Album Leafのあの柔らかい音で起こされるのは気持ちよかった。
ジミー・ラヴェルの音は冬にくるまる毛布のようなハッピー感を出してくるなあ。



メタモ2010

SOLAR

そして順番は前後しますが俺の中のメイン、MOGWAI。
メインステージはこの時一番人がいたんじゃなかろうか。  12曲位やってくれて、初めと7か8曲目が知らない曲だった、 来年出る新譜に入ってんのかな?
2曲目のHunted by a Freak、3曲目のI'm Jim Morrison, I'm Dead.の流れは熱かったっす。  最後にやったGlasgow Mega Snakeも。 最初にやると思ってたので意外だったけど。  アルバム出るなら来年また見れるかな。 楽しみ。
ちなみに1曲やる毎にMCで「ドモアリガト。 サンキュー。」って言ってたんですが、 1曲だけ間違えたのか「サンキューベリマッチ。 サンキュー」つってたのが良かったです。
こまけえ。



65daysofstatic

65daysofstaticは最近の音源が、打込みで展開を作り過ぎない感じだったので、 ライブどうなってんだろうと思ってたら、ライブの生音比率が上がってて、でもなぜか変態度が上がってました。  後ろで大人し目に(今までに比べると)シーケンスは流れてますが、ライブ中にパーカッションをRECしてループさせたりして、 生感が強めに。 シーケンスに合わせて叩いてる(ハズ)なのにドラムが超動いてパワフルでノれる。  次の音源はどんなんなってんだろ。
ちなみにMCは「オキテテクレテ、アリガト。」



去年のメタモの深夜~朝方はすげー寒かったから、上着持ってったのに、 今年の猛暑で夜中もアスファルトが暖かく、しかも芝生みたいに湿らない&チクチクしないで意外と快適に寝れた・・・。  上着いらんかったなー。

うなぎ

65daysofstatic見た後は客が掃けるまで日陰でじっとして、車組・18切符組と別れる。  新幹線で来たあっこちゃんとたろーさん、それに東京に住んでるアベちゃんと4人で温泉行って昼前までぐったり。
ぐったりした後は三島駅まで戻ってうな重を食う。 んまい!
帰りは東京組のアベちゃんと電車で帰る。 アベちゃんは僕が東京出る前に行ってらっしゃいセッションしてくれた以来に会ったんで、色々話をしようと思ってたんですが、 電車内では僕は完全に力尽きて寝てました(笑 気がついたら川崎。 またその内ゆっくり飲もう。
みんなおつかれさま!