2009.06.27

新宿にて


 「 Dig Up 」にて廃校フェス等、いろんなイベントを主催されてたシンヤさんが、 地元兵庫に戻ってデザイン事務所を立ち上げるため、25日に新宿でプチ送別会。
と言っても、バンドの付き添いやブッキングなんかでちょくちょくこちらには来るそうで、 そういう、意欲的に動く人には住んでる場所なんて大した問題ではないんだなと。
僕としては東京来て見ず知らずから親しくなった数少ない方なので少し寂しいですが、 とりあえず8月に四国の直島に遊びに行かないかと誘われているので、 なんだかんだで数ヶ月に1回ぐらいはどこかで顔を合わせそうですね。
僕も姫路城が工事に入る前に一度位見に行こうと思ってるので、 その際はまたよろしくお願いしますー。

ムラムラムラムラムラヴィンスキー

 そんな送別会に行く前に、
新宿駅前のタワレコで時間潰し。
すると僕の好きな指揮者、ムラヴィンスキーの来日コンサートのCDがセールで1枚1,050円になってる。  どうやらムラヴィンスキー(とレニングラード・フィルハーモニー交響楽団)が来日した際に、 レニングラードフィルの楽団員から直接依頼を受けコンサートを録音した、 大野さんという方の業績を記念するセールだそうだ。
1973,75,77,79の来日時の録音9枚を購入。
適当に何か1枚ぐらい買っていこうと思って、CD屋に入るとこんな羽目になります。
ちなみにCDが乗ってるのが先日買ったトイピアノ。
結構でかいです。
打鍵の音(ハンマーが動く音?)が結構でかいんで、マイクで録音するのは難しそうですが、 そのうち何かの曲に使えたらいいかなぁ。

2009.06.25

デストロイ松井


 先週の土曜~月曜にかけて、島根をフォレスターで駆け巡るSE、デストロイ松井が東京に遊びに来ました。
そんなわけで、廃校フェスでPAをやってくれた木村君とデストロイ松井を称える会を開催。

 日曜の朝、とりあえず具体的には何も決めずに横浜に。
どうやら開港150周年イベントってのをやっているぽい。
でかい蜘蛛のロボがいるらしい。
位の情報を得て会場の近くまで行ってみる。
会場手前にあるショッピングモールから会場を見下ろすと、 蜘蛛のロボがいる。 けどなんかお尻のとこにフォークリフトみたいなのが付いてる。
あの蜘蛛自分の脚で立てないんだ…
なんだか微妙ぽいから赤レンガ倉庫見て、中華街にメシ食いに行こうよーって移動。
(後で調べたら、サルタンの象(※下記参照)をやったトコの作品だったので、 実際見たら結構凄かったのかも)

 中華街でメシを食った後は、元町の商店街を見て回って、恵比寿へ。
恵比寿ガーデンプレイスの麦酒博物館で昔のビールのポスターを見る。

男は黙ってサッポロビール

・・・渋い。

 そんな展示コーナーの奥にビール・ワインが格安で試飲できるテイスティングコーナーがありまして、 以下↑のポスターに挑戦する私たち。

男は黙ってサッポロビール

 勝てませんね。
そんな事をしながら松井君お目当てのライブを見るため3人で恵比寿リキッドルームへ。
全然知らなかったバンドでしたが、正統に上手くて楽しかったです。
アンコールの掛け声が

「マッチョは黙ってアンコール!」

だったので、思わず上のポスター思い出してしまいました。

男は黙ってサッポロビール

 ライブ後は疲れきった感じでそば食って解散したけれど、 当日は後半になるにつれて楽しくなっていく、イイ日でした。
そば食ってる時の疲れてる木村君と、まだまだいけそうな松井君のギャップも良かった。
次回はまた夏休みかいつかに何かしようー。

 ※
2006年11月20日にも日記に書いてますが、 現在は「 Royal de Luxe 」と「 LA MACHINE 」その他に分かれて活動してるらしいフランスの劇団の作品。

「 The Sultan's Elephant 」


「 The Little Girl Giant 」


日本でもこれやってくれればいいのに!

2009.06.17

諸々


 最近はライブをよく見に行ってました。
5本ほど見て、その内2本は連日で、立ちっぱの疲れから腰が痛くなるというおじいちゃんぶり。
さすがにこれは衰えすぎだという危機感から筋トレなんかはじめました。  初日は腕立て12回で力尽きる。 弱い。
そんな感じで連日せっせと腕立て腹筋背筋しておりますと、

か…肩こりが治った…!

劇的な効果。
ていうか肩こりて。
ほんとおじいちゃんだわもう…。
しばらくこの調子でおじいちゃんからおっさん位へのレベルアップを目指します。

 モニタースピーカー買いました。
M-AUDIO BX5A DELUXE
今使ってるモニターに不満があるとかじゃなくて、 自分を取り囲む形にスピーカーを置きたいなという理由で。

6畳

最初はセンタースピーカー(上図の薄いオレンジ)も置いて5chで曲作りとかしようと思ったんですが、 センタースピーカって何の為にあるのか調べたら、 映画館で端っこに座ってる客にも中央から俳優のセリフが聞こえるようにする為だそうで、 それじゃあ差し迫ってはいらないかなーと、今回は省略。
おいおい5.1chにしていけば、映画やSACDやら楽しめそうなんで、そのうち追加していきます。
こう調べると、同様の試み(センタースピーカー)が野外フェスでのボーカルとかに使われてもいいんじゃと思うんですが、 そうなってない(と思う)って事は音楽では特に必要ないんでしょーか。  そもそも中央にスピーカーあったらえらい邪魔ですけど…
映画館だとスクリーンの後ろに置けるから丁度良いんでしょうね。

 とりあえず、
この4chで音をぐるぐる回したりしたいなぁ。
この mp3 が埋め尽くさんとしてる世の中でも、 SACD(5.1ch)をはじめマルチトラックな環境は整ってきてる 筈なので、前後左右上下から襲い掛かるバッキバキなブレイクビーツとか、 部屋をゆるやかにアンビエントが満たしていくとか、普通の部屋でクラシックのホールの鳴りが聞こえるとか。(客席の拍手が横や後ろから聞こえるとか)
そーゆー環境がこれからもっと普及するといいのですが。
ニッチな需要なんすかねそういうのはー。
NHKがこんなの作ってるぐらいだから、 技術はまだまだ進みそう。
でも22.2chとか個人用途だとヘッドフォンしか選択肢ないんじゃ・・・

2009.05.29

propellerhead record



propellerhead record

 僕が愛用してる reason というDTMソフトがあります。
このソフト、打ち込み関係はとても得意な反面、録音が出来ません。
ギターやら何やらを曲の中に入れたい時は、別のソフト(僕の場合は Live6 )を立ち上げて、 そのソフトの下っ端として reason を起動。  と、わざわざ2つのソフトを起動して作業をしていた訳なんですが、 この度 reason を手がける propellerhead から、 record という reason に組込可能な録音ソフトのアナウンスがありました。
とりあえず紹介動画がなんかコミカルです。
特に2分20秒くらいに出てくるボーカルとか。
まだ詳細はよく見てないけれど、外部ソフトシンセとかも reason のシーケンサー部で扱えればとても良さそう。
早く発売されないだろうか。

 少し前に見つけた動画。



 あたかも全員が同じ場所にいるかのよう。
こういうミックスは本当にすげー。
ほんわかするね! あの洗濯板みたいなの持ってる人が個人的にお気に入り。
もう一つはあの名曲をインド人がカバー。
昔見たけれど最近また見てしまったので貼り。



 インドまじすげーよ!

2009.05.25

GW 似島



ベビーイカ

 イカの赤ちゃん。 かわいい。

でもきれいじゃね?

 ボロカサゴ。 目が死んでる。

アナゴか何かだったはず

 ワイな、穴に落ちてもうてん。

 さて島根の勢い覚めやらぬ次の日。
毎度お馴染岩崎君と、もはやGWの通例行事となりつつあります、当てのない旅へ。
今回は「島行こうぜ島!」ということで似島に行くことに。

フェリーから

 宇品港からフェリー。
港にあったパンフやらを読んで、島に着いたらレンタサイクルで島を1周、 その後、安芸の小富士に登ろうとか考えてた僕たちは、 フェリー内のパンフでレンタサイクルをしてた店が閉店していることを知る。 罠だろこれ…
結果計画はいきなり「島を徒歩で一周する」に変更される。

瀬戸内海

 そんな軽い絶望の中、似島に降り立つ。(↑クリック拡大)

山

 なにもない が ある (どっかのキャッチコピーより)(↑クリック拡大)

錆びた軽トラ

 廃車 とか 廃墟 なら すこし ある

 人里離れるともうなんもないです。
でも季節的に歩くにはとても気持ちよくて、うっすら錆びついた感じも関東にいる僕にはいい感じ。  何より遠くまで見渡せる景色。 俺の視界をビルが邪魔をしない! 灰色がしゃしゃり出て来ない!

こんな道

とか楽しく歩いてたら10キロちょいで一週。 股関節が痛くなる。
そんな感じで安芸の小富士は(俺の貧弱さで)諦めて、島の唯一の食堂でチャーハンを食って港付近を散策。

ねこ

神社より

 のどかです。
こうして似島一週は終わったわけですが、 もし次回があるなら折りたたみ自転車か何か持ってくればもっと快適かも。
ちなみに原付乗ってる兄ちゃん達が100%ノーヘルでした。
東南アジアのようだったぜ…

2009.05.19

GW 島根


 時はGW。
会社によっては長ーいGWだったようですが、 年間休日数107日の僕は当然カレンダー通り。
それでも休日出勤の代休を使ったりして、5月1~5日の間に広島へ帰り、 色々と行ってきました。 この度は島根・アクアス と 似島へ。



 アクアス。
2008年11月にペンギン館がオープンしたという、しまね海洋館アクアス
 もちろん僕の目的はペンギン。 キングペンギン。
友達と水族館見てー という話をしていたのでそれが実現した形。
早速中に入ると、島根近海に棲む魚やクラゲ、タコに始まり世界中の水棲動物がちゃぷちゃぷしてました。



 クラゲってなんだかインストですよね。 存在が。



 やあ。

 そんな感じで目的のペンギン館へ。
出迎えてくれたのはフンボルトペンギン。  こいつはまあどこの動物園にもいるからいいか!  気持ちよさそうにチャプチャプと愛くるしい姿で僕を魅了してくれました。



 そして隣の部屋に目をやると、そこには悠然と佇むキングペンギン(オウサマペンギン)が…。



 でかい… さすがキング…
寒い所のペンギンだけにガラス越しでしたが、客を怖がる様子もなく、 むしろガラスのそばまで寄ってきてこちらを観察してました。  そのおかげで近くから写真が撮れました。



 キングは体毛は光沢があり、水とか弾きそうな感じで、テラテラ照明が反射してました。  後ろで飼育係のおねーさんが他のペンギンに餌をやっていても、 そっちを見ようともしない太い神経をお持ちのようです。 流石キング。
そして首は見た目よりすごく伸びます、曲がります。 怖いです。
このキングペンギンが体長90㎝、体重15㎏ほどでペンギンの中で2番目に大きい種類。  そして最大のペンギン、エンペラーペンギンは最大で体長130㎝、体重45㎏にもなるそうです。
皇帝ペンギンは日本だと名古屋港水族館(名古屋)、 南紀白浜アドベンチャーワールド(和歌山)。  この2箇所しかいないそう。
そしてこの南紀白浜アドベンチャーワールド、 wiki を確認しただけでも動物園に水族館に遊園地。サファリゾーンとすごい規模。
・・・ん?

~夏期には、「ペンギン・オン・アイス」と言うイベントも行われており(有料)、ペンギン王国の展示場の中に入って、 キングペンギンと写真を撮影してもらう事ができる。~
(wikiより抜粋)

 これは・・・
和歌山に行くしか・・・

2009.05.15

廃校フェス


 去年に続き今年も無事、開催されました。
ほんとは前もって日記を書くつもりだったんですが、GW広島帰って遊んでたら前日になっておりました。
とりあえずGWの日記は後日に回すとして、以下廃校フェス日記。

 2009年5月6日、前年より1ヶ月ちょい遅く、今年も廃校フェスが開催されました。
生憎の雨となりましたが、僕は今年もDig Upメンバーとして1-1に参加。
代表のシンヤさんから前もって、前売り1000枚のチケットが完売したと聞いていたので、 今日は忙しくなるんだろうなぁ とか思いながら会場の芸能花伝舎に。
会場ではもう準備が始まっていて、門の外には当日券目当ての方も並んでました。
僕らもアートマート出店者用の机やらなんやらを用意してたらもう開場。



ここらへんから忙しくて他の部屋は殆ど見れてないんですが、 今回うちの部屋の出演者がいい感じだったり、似顔絵を描いてもらったりして満足。



似顔絵、爽やかさが200%位アップしてます。
しかし描くのも色塗るのもすごい早いの。 これがアナログの強みかー。 とか一人で勝手に感動してました。



ライブだと 石橋英子×アチコ さんが良かったかなあ、 部屋がお客さんでパンパンになって、殆ど音だけだったけど。
あと去年もうちのクラスに出ていただいた catsup



リハの際、子供を背負ったままコントラバス弾いてらっしゃったんで、 本番もてっきりそうなのかと…。
なにはともあれ楽しかったなぁ。



おつかれさま!