top | sound | bbs | link | about
←11月  10月 1 5 7 13 18 21 23 25 29 30  9月→

  ●2006/10/30   これから

 仕事が終わるのが年末から多少前後にずれるかも
それに加え1月は引越し業者がえらいことになってるらしいので
引越しは2月になりそうです
1月がけっこう空いちゃいそうなので
何かイベントできないかなと友達と話し合ってみたり
どうなるかはわかりませんが
良い方向に締められるように頑張りたいです

1. soft passage
2. head on
3. layer
  a: light
  b: mere dream

イベントでギターを弾いてくれた山根君も知らない layer のセットリスト(笑
もっと言えば彼は大まかな構成と曲のキーしか知りません(笑
3、4曲目は繋がっていて
layer というイベントのイメージを意識して作った曲なのですが
打ち上げでそれっぽいことをお客さんに言われてドキッとしました
当日もっとクリアな音で重ねられればご満悦だったなあ(自分が)
これに今作ってる曲を何曲か足して音源を作りたいなと思っています
しゃこしゃこ作っていきますよー


  ●2006/10/29   お疲れ様でした

 layer of perspectives #7
ハプニングもありましたが 楽しくやれました
電源タップを忘れたり パッチケーブル忘れたり…
忘れたパッチケーブルなんて
なぜか自宅のこたつの中から発見されましたからね
作ったのが僕だけあって なかなか華麗な引き篭もりっぷり
彼とはこれからも仲良くやっていけそうです

国際交流  右図はゲストの2人
taylor deupree と richard chartier さんが
すごく気持ち良かったので
ライブ後に感想を伝えようとした1コマ
面と向かうと何も言えず
3単語で国際交流は終了しました
簡単な会話くらい出来るようにならないとなー

 ライブ自体は
予想してなかった問題も起きましたが
楽しく出来たと思います
でももっと安定した良いプレイを目指していきたいです
何はともあれ イベントに来てくれた皆さん
出演者の方々
どうもありがとうございました!


  ●2006/10/25   明日です

layer of perspectives #7
時間が取れる方は是非ー
僕らは9時過ぎごろ出てくる予定です
あ、ちなみに音源は間に合いませんでした
イベント後に余裕を持って作りますー
やっぱ豚しゃぶじゃあ足りなかったみたい パワーとか
とんかつだったらいけましたよ きっと

 音源作らないと決めた瞬間から溢れ出るこのゆとり
豚汁とか作ってみたり
コロコロで部屋を掃除したり
テスト前とかに部屋を掃除したくなったり
読んでなかった小説とかが気になるタイプ
さー明日を楽しめるといいなー


  ●2006/10/23   出演時間が変わりました

 6番手 21:30 頃開始になりました
やたら後ろです
2つ後にはもうゲスト
緊張しそう あああああ

 あれ?
気が付くと時間もうないんじゃない状態
音源間に合うかは 50:50
これから(現在深夜0時)の作業に掛かってるぽい
今晩豚しゃぶだったから多分頑張れる 豚最高


  ●2006/10/21   後5日

 練習が楽しい
今度のイベント
うまい事やれれば今までで一番楽しいかも
ギターの山根君は練習中も集中してやってくれてる(はず)
彼を誘って良かった
大袈裟かもしれないけど こういう場が好きです

 昨日
美容師やってる友達と御飯に行く
友達は今月末で店をやめて語学を勉強してロンドンに行きたいらしい
ちょっと前にコンテストで選ばれて
東京の超有名な美容室(名前忘れた)にまで行った彼だから
多分行くだろう 行って欲しい
僕も東京に行ってみる事を話したりして
ふと
すごく小さい頃からの幼馴染だったのに
今になってこんな話をすることになるなんてなー
と思う
人生何が起こるかわかりませんね
次に会うのはどれだけ先か
お互い腐らないといいな

 BBS
海外からの広告が大量に書き込まれるので
トップページだけメニューにいる狐にリンク貼りました
広告消す際に間違って 普通の書き込みも少し消してしまいました
書き込んでくれた方すみません…


  ●2006/10/18   カポーティ

capote  capote(カポーティ)
本や映画をよく薦めてくれる友人(前回の日記と同一人物)が
「今年はこの1本だけでいいよ」
とまで言うので 先週末に観に行きました
作家であるトルーマン・カポーティが
ノンフィクション小説というジャンルを開拓した
「冷血」という作品を書き上げるまでの物語
とても面白かったです おもしれー
主演のフィリップ・シーモア・ホフマンは
「レッド・ドラゴン」で車椅子に縛られて燃えてた新聞記者です
友人に言われるまで全く気が付きませんでした
見に行かれる方は
カポーティについてほんの少しだけでも調べていくと
より楽しめると思います

ハンダの匂いは青春を思い出させる2

 ミニアンプ作った
仕事中のフリータイムを最大限活用し
回路図を読もうと努力する
そしたら超簡単な回路で作れるアンプを見つけ 作ってみる
最初音が出なくて焦ったりもしましたが出来ました
ジャック挿してなくてもノイズが出る素敵アンプが出来ました
これにヴォリュームが付けられればライブで使いそうです(笑


  ●2006/10/13   仕事は年末まで

12月28日で終了
引越しについて具体的に固めていかないとなー

THE GAME

 友達が薦めてくれた映画を見る
デヴィッド・フィンチャー監督 マイケル・ダグラス主演
「ゲーム」
振り返ってみると矛盾してる点とか気になるけど
それ踏まえても面白かったなー
マイケル・ダグラスがいい味出してた
映画はおっさんを眺めるためにある気がする
アンソニー・ホプキンス(※1)とか
ジャック・ニコルソン(※2)とか

神田イゾルデ

 凍狂4 〜寝ないと死ぬ〜
はい 全部書いたと思ってたら書いてなかった
最終日
いんのんに案内されての楽器屋めぐり
渋谷KEYで525円で買ったパッチプラグ
池袋KEYだと420円でした これが池袋(ブクロ)パワー
そんな感じで僕が軽く凹んでる間
いんのんはVOXのAC30(ギターアンプ)を試奏
トレモロが凄くいい感じでした(※3)
最終日も今まで通り楽器を見ることに終始し
そのまま新幹線で帰宅

 凍狂であったみんなありがとう! 楽しかったよ
来年まで覚えといてんかー
ちなみに↑はいんのんが働いてる店 イゾルデ

※1 アンソニー・ホプキンス
 「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」でおなじみ
 人肉大好きレクター博士
 そんな役柄に反して本人はベジタリアン 「ナイト」の称号まで持っている…
 レクター…立派になっちゃって…
※2 ジャック・ニコルソン
 「シャイニング」のあの笑顔は一生忘れません
 あんないい顔見たことないよ?
※3 トレモロ
広島帰ってすぐにトレモロのコンパクトエフェクター買いました


  ●2006/10/07   半田ごて

ハンダの匂いは青春を思い出させる

 今日はF1の鈴鹿GPの予選を見る
フェラーリとトヨタが速そうです
その後、パッチシールドを作ったり
ライブに向けての準備とかしていました
Jin Yamane この度一緒にやることになった山根君が弾くギターは
面白いと僕の中で評判です
皆さんお楽しみに(笑

 最近全く練習できてないバンドの方
前回の練習から今日で4週間空きました…
しかもここ2週間は誰からも連絡ないぜー
練習でもなかなか全員揃わなかったり時間が合わなかったり
みんな忙しかったり色々あって
それぞれ優先するものがあるわけだけど
これじゃモチベが上がんないなあ
このままフェードアウトしていきそう…


  ●2006/10/05   2人でやってみる

練習中の僕の部屋

 26日のイベント
友人の山根君がギターを弾いてくれます
今日 出来かけのネタを使ったりして2人で合わせてみました
このまま準備が整えば ライブは結構面白いものになるかもしれません
楽しみですわー

 ピタゴラ装置DVDブック1 (AMAZON)
とうとう出るようです
19分しか入ってない辺りが気になりますが…
未公開の特典映像も入ってるみたいです… アコギな!!


  ●2006/10/01   mapping sound installation

YCAM 山口情報芸術センター

 YCAM に行ってきました
以前「スピーカー」の堀部さんに誘ってもらったんですが
ちょうど東京旅行と被ってて行けなかったので
この週末に行ってみる事に

 ナビに全てを任せバイパスを走っていると
「200メートル先ヲ ナナメ左方向デス」
あーここで降りるのかー とバイパスを降りる 直後
「100メートル先を ナナメ右方向デス」
あー曲がるんだねー と斜め右の道に入る

元のバイパスに戻ってくる…
そんなドライブスルーペナルティ(※1)を課されながらも到着し
開館と同時に入場して館内を見てまわりました

filmachine  「autonomic sound sphere」
通路や中庭 館内のいたる所にマイクやセンサーが設置されていて、 そこで取り込んだ情報をこちらの物音に対しフィードバック。  ただの静的な作品と接する上では 邪魔になりがちな 話し声だとかそういう物音全てが作品の一部として求められていて  どこかとどこかが連続する 動的な静を生み出し続ける空間となっています。  これだけ大規模なものは初めてでした。  やったことある人にしか伝わらないけど  体感できる ICO みたいな感じ。  不思議な雰囲気を楽しめる場です。

 「filmachine」
8方向 24個のスピーカー それにLEDが同期し 中心にあるスイッチを押すと始まる光と音の13分間。  「autonomic sound sphere」が周りに拡がっていくのなら  こっちは1点に集めていく感じ。  自分を中心にぐるぐると動き回る音  とても面白かったです
このスピーカー間にスクリーンを貼って 全方位に映像を貼ったらどうだろう。  将来の映画はそんなスタイルになったりするのかなー

 ※1 ドライブスルーペナルティ
F1等モータースポーツで
レギュレーションに反する行為をした場合に課されるペナルティ
ピットレーンを制限速度で通過しなければならず(ピット作業は出来ない)
結構なタイムロスになる


←11月  10月 1 5 7 13 18 21 23 25 29 30  9月→